POSシステムの選択とウィークポイント

POSシステムにつきましては、安い価格ではないので、店のスケールが小さい状況では人件費に比べて高くなるケースがみられます。 以上のような場合、導入にあたって期待出来る売上高、あるいはスタッフの不正防止といったアドバンテージと突き合わせいずれの方がプラスかをしっかりと熟考することが不可欠です。 とりわけ初期コストがやはり高くなるシステムですが、近年では初期に対するコストもしくは月毎の基本料金がフリーでスタートすることができるタブレットスタイルのものも登場しましたので小さい規模の店や始めてみたい場合などにはお願いしてみるのも悪くはないでしょう。 その他、災害時に停電に見舞われたというようなケースがPOSシステムのウィークポイントです。 データーそのものは保全され消えることはないですが、会計あるいは発注のための必要な作業は全て止まります。 手打ちレジでは電気が消えても応対可能ですが、POSシステムはレジ自体を開けず、待機するしかないという場合もあります。

POSシステムは物品販売の管理に役立つ

POSシステムとは物品販売などの店舗で利用されているもので、個々の売り上げを集計して経営に生かすことで、一般商店の売り上げ管理から企業の販売戦略まで幅広く受け入れられています。食料品店やコンビニなどで復及しているPOSシステムの構成は、レジスタとスキャナ、プリンター、自動釣銭機、ディスプレイなどで、入力方式にタッチパネルを採用している機種もあります。ほかに、在庫管理をおこなうときに使用するポータブルタイプのデータ端末があり、無線でデータを送るタイプのものが多いです。POSシステムがデータを収集するためには個々の商品にマーキングをおこなう必要があり、バーコードを装着する方法が一般的です。マーキングに用いるバーコードには2種類あり、商品を製造する過程で印字するソースマーキングと、それぞれの店舗で印字し貼り付けるインストアマーキングです。

コンビニエンスストアがPOSシステムを使う理由

コンビニエンスストアのレジでは、POSシステムを採用しています。POSシステムというのは、レジを打つときにお客様のデータを入力するというものであり、経営管理に非常に重要な役割を果たしています。お客様のデータとは、年齢や性別といったものであり、これは店員が判断して入力します。お客様に、いちいち尋ねるわけにはいかないからです。それに、そんなことを尋ねては、お客様が不快に感じますから、店員が大体の情報を入力するしかありません。性別は、見ればわかるでしょう。年齢に関しては正確な情報はわからないことがほとんどです。ですから、10代であるとか20代であるとかといった大体の情報を入力することになります。これを元に、どんな年齢層の人が何を買うかということがわかります。もちろん、性別もわかります。この情報を新商品の開発や仕入れに役立てるわけです。

Powered by WordPress | Designed by: wordpress themes 2011 | Thanks to Best WordPress Themes, Find WordPress Themes and