POSを導入する重要なメリットとは

POSはpoint of saleの略で日本語では販売時点情報管理と訳されます。スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどではよく使われています。POSのシステムを導入することで、商品名や価格、数量、日時といった情報を集積できます。本部から各店舗の状況をリアルタイムに把握できます。これにより、無駄のない生産管理を行うことが出来ます。売れ行きの良い物は早い段階で店舗への配送を行うことで品切れを起こすリスクを抑えることになります。また、売れ行きの良くなる時間帯のデータをとることで、どの時間帯までに商品を補給するかという逆算が出来ます。POSのレジは手入力による会計ではなく、基本的にバーコードを読み取る仕組みなのでミスが起こりにくくなっています。さらにレジのスピードが上がる効果もあり、お客さんを待たせる時間を減らすことに繋がります。

顧客のデータ管理ができる便利なPOSシステム

顧客情報の管理や売上などのデータ管理を、クラウドで行うシステムをPOSシステムなどと言います。パソコンを使ってデータ管理を行ったり、タブレット、レジスタなどとも連携することもできます。では、POSシステムでどういうことが出来るのかと言いますと、データ管理のあらゆることができます。今日の売上から一ヶ月の売上、お客様の年齢層や性別、購入商品などもデータとして管理できます。他にも雨の日によってはどういう商品が売れる傾向にあるかなどあらゆる情報が管理できます。POSシステムは主にコンビニ、スーパーマーケット、ドラッグストアなど、レジを扱うところではかなりの確率で導入されています。デザインとしては筐体一体型、パソコン、タブレットなどが主流です。導入する方法としては、まず取り扱っている会社などを調べて自分のサービスにあった物を選びます。そして、見積などをしてもらって納得すれば取り付けてもらうのが一般的です。

POSシステムを利用すると作業スピードがアップ

このPOSシステムは、単にレジの機能だけでなく、さまざまな用途で使うことが出来ます。飲食店では、ホールで注文を受けたものが即調理場に伝わるのと閉店した後の売り上げも自動で出てくるので、作業の効率が各段にアップします。さらにPOSシステムのセッティングによっては、従業員の出退勤に使うことも出来るので、大変利便性は御座いますね。今は、レジの機能が各段にアップしているので、多くの店舗で使われています。お店の本社でも、全店舗から、その日のレシートなど送られてくるのですが、どれがどのくらい売れたのか、自動で振分けしてくれる機能もついているので、チェックしやすくなっています。この画期的なPOSシステムがあることで、飛躍的に作業効率がアップするのと、正確な情報を取りだすことが出来るようになっているので、利用された方が、多くの場面で重宝されます。

Powered by WordPress | Designed by: wordpress themes 2011 | Thanks to Best WordPress Themes, Find WordPress Themes and