POSシステムの基本知識及び利点

POSシステムと言いますのは 販売品の情報そのものを販売品レベルでリアルタイムにレコーディングし、集計を実施するシステムを指します。 品名、あるいは時間帯、さらに価格や、件数といった重要な情報をデータ処理化して管理下に置くということです。 こうしたシステムがあるのであれば新しい販売に活用することも実行でき、そのことにより能率を引き上げることもできます。 小売業を展開している会社組織にとっては非常にフィットするシステムといえると考えられます。 顧客管理についても実施することができることにより、会員カードもしくはポイントカードで購入履歴をチェックすることができ、そのことにより、何時いずれの商品をどれだけ買い入れたかなどを把握することができます。それから、そのデーターそのものを解析することを通して人気の販売品が、どの階層に注目されているかを調査することが可能となります。

POSシステム導入の目的とメリット

POSシステムを用いるときのその目的としまして古くから考慮されているのが、会計の際に間違いがない情報入力それから、レジの不正に歯止めをかけることだと理解されています。 しかしながら、IT技術の新展開でハンディーターミナルといった組み入れが進行し、店舗内を動きながらいろんなところで顧客の注文を耳に入れ、厨房に対して注文の中身を伝達するなどの業務能率化、あるいは顧客の充足感向上に力を発揮してくれるという捉え方が広がっています。 この理由により顧客の充足度合の上昇、あるいは業務向上を狙って組み入れされるケースが増加傾向にあります。POSシステムを採用することによってお客さんの属性管理、或いは時間帯の商品管理が可能になります。 情報そのものを管理下に置くことで、ただいま訪問しているお客さんが手に入れたい品や、時間枠によって需要の高い商品が分かります。

POSレジを活用して売上アップ

POSレジとは売上情報がデータ化されるシステムが組み込まれたレジのことです。操作も簡単なので、慣れていない人でも簡単に使いこなせます。売上情報を元に在庫管理や顧客管理も出来ます。時間毎の売上分析から、スタッフの人数設定やタイムセールの開催の目安に使ったり、顧客層から発注商品を決めたりするのにも活用できます。また、セキュリティ面でも役立ちます。登録者以外は簡単にレジを開けることができないため、盗難防止になりますし、誰がいつレジを使ったかが記録されるので、トラブルも少なくなります。他にも、系列店の売上が見られるシステムもあります。他店の売れ筋商品を参考に店舗での打ち出しを考えることができます。このようにただ売上を見るだけでなく、POSのデータを活用することで、店舗の売上アップに繋げることが出来ます。

Powered by WordPress | Designed by: wordpress themes 2011 | Thanks to Best WordPress Themes, Find WordPress Themes and WordPress Themes